口コミ広場

乳酸菌とプロバイオティクスの関係

乳酸菌について調べた事がある人は、一度は目にはいっているのではないでしょうか。
『プロバイオティクス』
名前くらいは…、という方が多いかと思います。
プロバイオティクスは、乳酸菌やビフィズス菌などの細菌が減ってきた時、正常な腸内環境に戻してくれたり、腸内の健康を守ってくれるとても大切な「生きた微生物」なのです。

胆汁(肝臓で生成されるアルカリ性の液体)や胃液に強く、生きたまま腸内に届くのが特徴です。
では、そんなプロバイオティクスは、どう摂取したらいいのでしょうか。
今では、毎日食べている方もいると思います。
スーパーやコンビニなど身近にあるお店で販売されている、ヨーグルトやチーズなどの乳酸発酵されたものです。
ヨーグルトの場合、1日の摂取量が約300gとされています。
便秘など、腸内環境にお悩みの方は、少し多めに摂取するといいかもしれません。

今はTVやCMなどでプロバイオティクスをキャッチフレーズにPRしている商品も多くあります。
また、日本伝統食品である漬物、味噌、醤油なども効果があります。
漬物の中でも、ぬか漬けは1g中に約1億個の以上の乳酸菌がいます。
生野菜を食べるよりも、多くの乳酸菌や栄養素を摂取できるので良いとされています。

薬で処方されている場合は、量が決まっていますので、その通りに飲んで下さいね。
ここで注意点なのですが、最近では醗酵による製法ではなく、
簡単に漬物が作れる漬物調味料液などが存在しますが、これでは発酵せず、乳酸菌などの微生物の作用は期待出来ません。

そして、プロバイオティクスと似た言葉があります。
それは、『プレバイオティクス』です。
プロバイオティクスの働きのサポートをしてくれる物質の事です。

消化管で吸収、分解されず、腸内でプロバイオティクスのエサとなり、善玉菌のみを増やしてくれるのです。
プロバイオティクスとプレバイオティクスの両方を摂取するのがとても効果的とされています。
また、その両方を含む食品などは、シンバイオティクスと呼ばれています。


Copyright(C) 2013 腸にも体にもいい菌 All Rights Reserved.