口コミ広場

動物性と植物性の乳酸菌の相違点

皆さんは『乳酸菌』と聞いて、思い浮かべるのは、ヨーグルトやチーズに含まれているもの、だというイメージがありませんか?
実は、乳酸菌は全てを把握するのが困難なほど、たくさんの種類が存在します。
ですが、これを含め2つの種類に分ける事ができるのです。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌です。
この2種類は、住んでる場所、働きがそれぞれ違います。
乳酸菌を含む食品は多くあり、植物性は主に植物に含まれています。

例えば、キムチやぬか漬けなどの漬物類。
大豆が原料の、味噌や醤油。
お米が原料の、日本酒など。

植物性乳酸菌の特徴は、他の細菌などと共存する力があり、そのおかげで、胆汁や胃酸などによって簡単に分解されたりしないのです。
よって、植物性は腸に届きすいのです。
また、植物性乳酸菌は、植物から得られる糖分で身体の中で増加します。
穀物や野菜。
果糖や麦芽糖、ブドウ糖などの多様な養分で増やす事ができます。

では、動物性乳酸菌とはなんなのか。
主に乳製品に含まれている乳酸菌の事です。
チーズや牛乳、ヨーグルトに多く存在します。

植物性との違いは、他の細菌とは共存せず、単独で生きる乳酸菌なのです。
そのため、ほとんどが胃酸に弱く、腸まで届かず分解されてしまうのです。
「すぐに分解されてしまうなら、動物性は摂らないほうがいい?」と思う方もいると思います。

しかし、動物性は、植物性の餌となり、活発化させる役割があるのです。
さらに動物性は、分解されやすいものの、直接腸内を刺激して、免疫力を高め、整腸作用を高めてくれるのです。
動物性は、主に乳糖を体内で乳酸に変え、それを養分として増えていきます。
栄養面では、牛乳が非常に優れています。
ですので、食事で漬物などを食べ、食後にヨーグルトを食べるなどしてどちらか片方を摂取するのではなく、植物性も動物性もバランスよく摂る事で、食生活やストレス、運動不足などで増えてしまった悪玉菌を善玉菌に変え、腸内環境を良くし、きれいにしていってくれるのです。

http://www.korealawtoday.com/tai.htmlには耐性乳酸菌や殺菌乳酸菌について
http://www.laughingwithmrlupus.com/sinngata.htmlには新型乳酸菌について解説サイトがそれぞれあります。
これらの菌はどういった特徴があるのかこちらのサイトをご覧いただければわかるでしょう。


Copyright(C) 2013 腸にも体にもいい菌 All Rights Reserved.